栄養士資格は社会人で働きながらでも取得可能?

すでに社会に出て働いておられる方の中で栄養士を目指す方にとって、社会人で働きながらでも栄養士の資格が取得出来るのかという点は、重要ですよね。

 

今回は、社会人から栄養士資格取得は可能なのかについて、ご説明します。

 

養成施設に通う必要があります

栄養士の資格を取得するには、独学で取得することは出来ません。国からの指定を受けている、「栄養士養成課程」の学校を卒業しなくてはならないことになっています。

 

しかも、この栄養士養成課程には、通信教育や夜間といったものがありません。つまり、昼間に学校に通わなくてはならないのです。

 

したがって、社会人で働きながら栄養士の資格を取得するというのは、非常に難しいということになります。

 

どうしても栄養士の資格が欲しい!という方の場合には、今の仕事を退職して、昼間に栄養士の養成施設に通うということしか、選択肢がありません。

 

管理栄養士の場合は・・・

管理栄養士の場合には、すでに栄養士の資格を取得しているという方であれば、社会人として働きながらでも、管理栄養士の国家試験を受験することが出来ます。

 

ただし、国家試験の受験には受験資格が必要となります。まずは、栄養士養成施設を卒業し、栄養士の資格を取得していること。そしてそれに加えて、実務経験が必要です。

 

・栄養士養成施設2年制を卒業・・・3年以上の実務経験が必要
・栄養士養成施設3年制を卒業・・・2年以上の実務経験が必要
・栄養士養成施設4年制を卒業・・・1年以上の実務経験が必要

 

必要な実務経験の年数は、このようになっています。管理栄養士養成施設を卒業された方であれば、実務経験は不要となっています。

 

栄養士からのスキルアップを目指す方は多くおられます。現在社会人として働いておられる方も、栄養士養成施設を卒業しているのであれば、働きながら管理栄養士の国家試験を受験し、合格を目指すことが出来ますので、確認してみてくださいね。