栄養士の資格は専門学校でも取得できる?

栄養士の資格を取得したいと考えておられる方の中で、専門学校でも取得することは出来るのか、疑問に思われている方もおられるでしょう。

 

今回は、栄養士の資格が専門学校でも取得できるかどうかについて、ご説明します。

 

専門学校で栄養士の資格を取得!

栄養士の資格は、栄養士養成課程を修了・卒業することによって取得することが出来ます。その栄養士養成施設は、国によって定められています。

 

大学・短大・専門学校のそれぞれに、指定されている養成施設が存在していますので、その指定にある養成施設であれば、卒業と同時に栄養士の資格を取得することが可能です。

 

ただし、この養成施設には、通信教育であったり、夜間といったものはありません。たとえ専門学校であっても、昼間に学校に通うことが必要になってきます。

 

専門学校にはどんなものがあるの?

栄養士養成施設となっている専門学校は、2年制・3年制・4年制の3種類があります。

 

4年制となっている専門学校では、管理栄養士養成課程のある4年制大学と同様に、管理栄養士の国家試験を受験することが出来る受験資格を得ることができるところもあります。

 

栄養士養成施設を卒業して管理栄養士となるには、その卒業校の年数によって実務経験が必要となりますが、管理栄養士養成課程のある4年制の養成校を卒業した場合には、卒業と同時に栄養士の資格を取得でき、さらに、国家試験を受験する際の実務経験が不要となります。

 

同じ専門学校でも、将来、栄養士から管理栄養士になりたいと考えておられる方は、4年制の管理栄養士養成課程のある専門学校を検討してみる方が、得策でもありますよ。

 

専門学校を選ぶメリットは?

栄養士になるために、専門学校を選ぶメリットをご紹介します。

 

・短期集中型
・実践的な知識と技術を習得

 

メリットとしてはこのような点が挙げられます。

 

栄養士養成課程のある専門学校は、ほぼ2年制の場合が多くなっています。必要かつ実践的な知識であったり技術といったものを、短い時間で効率よく学ぶことが出来ます。

 

また、学校自体のカリキュラムが、給食などに関するものになっている場合が多いので、学校栄養士として働きたいという方にとっては、メリットがあると言えます。