栄養士の給料はどれくらい?

栄養士の給料は、一体どのくらいなのでしょうか。給料は、生活をしていく上ではどうしても気にしなくてはいけない部分ですよね。

 

自分のしたい事をして、給料を貰えるというのは嬉しいことでもあります。今回は、栄養士の給料面に関してみていきたいと思います。

 

気になる年収は?

栄養士として働いた場合、年収はどのくらいなのでしょうか。

 

栄養士の年収

栄養士の給料自体は、高いとは言えないのが現状です。月給は18万円?25万円程度が相場ですので、年収にしてみると230万円?380万円程になります。地域や職場によっても異なってきますので、あくまでも目安ということになります。

 

また、高収入ではないにせよ、職場によっては資格手当てが付く場合もあります。栄養士の場合、約2千円?5千円程度の手当てだと考えてください。

 

企業の母体や経営状況によっても、給料は異なってきますので、あらかじめどのような感じなのかを調べておいたほうがいいかもしれません。

 

管理栄養士の年収

管理栄養士の給料は、栄養士よりは若干高めとなります。といっても、年収は300万円?400万円程度だと言われています。管理栄養士の場合には、資格手当てが付くと5千円?1万円ほど支給されることになります。

 

国家資格の割には収入が悪いとも言われていますが、管理栄養士として経験を積み、自分の興味のあることに積極的に取り組んでいくことによって、昇給であったり、昇格ということも十分にあります。

 

そうなれば、必然的に給料は上がっていきますし、管理栄養士として優秀であれば、独立したりすることも出来ますよ。

 

公務員かどうかによっても変化します

管理栄養士の場合、地方公務員や国家公務員として働く事になった際には、人事委員会や人事院によって定められている給料が支払われることになります。

 

公務員として働いた方が、年齢や年数によって給料が変化しますので、民間企業よりは給料が良いという場合もあります。

 

どちらにせよ、給料だけを見て職場を選ぶのではなく、待遇や、自分のやりたいことが出来る職場かどうかという事をしっかりと確認することも大切です。