栄養士の役割はどんなこと?

栄養士の役割とは、具体的にどんなものがあるのでしょうか。役割が分かれば、自分がやるべきことが明確になりますし、目標を立てやすくなりますよね。

 

今回は、栄養士の役割についてご説明していきます。

 

食に関するプロとして

栄養士・管理栄養士は、人間が生活していく上で欠かせない「食」に関するプロです。

 

一人一人の健康状態や疾患、栄養の状態などを熟知し、そこを基として、一人一人に合った食事や栄養の摂取方法のアドバイスを行います。献立を作成したり栄養を計算したりするだけではなく、実際に調理に携わることもあります。

 

正しい食事の摂取方法や、楽しく食事を食べる方法、そして、子どもの食育などに関しても多くの役割を担っていくことになります。

 

食べる事の大切さ、食べる事の楽しみ、このようなものを伝えていくという、とても重要な役割を担っているのです。

 

医療従事者としての役割も

病院で働くこととなれば、「NST」と呼ばれるチームに所属することもあります。

 

NSTは、栄養サポートチームとして、医師・看護師・管理栄養士・理学療法士・言語聴覚士・薬剤師など、多くの職種の方々と連携して、患者さんの状態や疾患に合った栄養管理を行っていきます。

 

もちろん管理栄養士のみの意見ではなく、様々な専門分野のプロの意見を全てまとめ、その上でケアが行われていくことになります。管理栄養士はその重要なチームの一員として、専門的な知識を活かす役割を担っていくのです。

 

将来を預かる役割

子どもたちへの食事の提供・提案といったものは、将来子ども達が大人になった際に、身体や健康に大きく関係してくることでもあります。

 

しっかりとした栄養管理、好き嫌いを無くす方法など、栄養士は将来大人になっていく子ども達に対して、その将来を預かるような役割もあるのです。

 

自分の関わり方や知識、意識次第で、子ども達の発達に良い影響も悪い影響も与えることになるという、とても重要な役割を担っています。