栄養士の1日のスケジュールは?

栄養士として働くことになった際に、1日の流れがどのようになっているのか気になりますよね。このような事を見たり調べたりすることで、「栄養士になりたい!」という意欲は、ますます高まるものです。

 

ここでは、栄養士の1日のスケジュールを見ていきたいと思います。

 

学校の栄養士の1日

学校の栄養士の1日は、どのような流れになっているのでしょうか。※あくまでも目安であり、学校によっても異なります

 

○8時
出勤し、調理前に食品の状態や調理に使用する機器などを確認します。食品を提供する側として、食品の管理はしっかりと行わなくてはなりません。

 

○8時30分
調理方法や手順など、調理師との打ち合わせを行います。欠席の生徒の人数なども把握し、調理作業に取り掛かります。学校によっては、給食のサンプルを作成することもありますよ。

 

○12時
各学年・クラスに、給食を届けます。学校によっては、給食を運ぶためのリフトのようなものがある学校もあります。時には、給食を食べている子ども達のところに行き、感想や食べ具合などを見て回ることもあります。

 

○13時
給食がどのくらい残っているかを調べます。その日の献立で子ども達に合わなかったものなどは、今後の参考にします。

 

○13時30分
お昼休憩

 

○14時30分 
経費の計算を行ったり、食材を発注したりします。書類の整理などに加え、栄養価の計算であったり、今後の献立を考案したりします。

 

子ども達が美味しく、栄養のあるものをバランス良く摂取できるように、栄養士が行うべきことはとても多くあるんですね。

 

○16時
調理師との明日の打ち合わせや話し合いを行います。献立に関してや、調理に関してなど、双方の意見がしっかりとまとまるようにしなくてはなりません。

 

○17時
勤務終了

 

介護施設の栄養士の1日

学校とは異なる介護施設での栄養士の1日の流れをみてみましょう。※あくまでも目安であり、施設によって早番・遅番などがありますので、それぞれ異なります

 

○8時半
出勤し、朝食後の様子をチェックします。何が残っているのか、どのようなメニューが好まれたか等を確認します。昼食の準備などの様子も、このときにチェックしておきます。

 

○9時
明日の食材などを確認し、発注を行います。経費などに関わってきますので、必要な分だけを発注するように注意します。

 

○10時30分
昼食の調理を行います。盛り付けを含め、栄養士として気を遣う必要があります。

 

○12時
昼食を配膳し、利用者様の食事の様子をチェックします。食事の感想や、今後食べたいものなどもこの間に聞いておくことも大切です。

 

○13時
スタッフミーティングを行います。介護スタッフも参加できる方には参加していただき、調理スタッフ・栄養士をメインとしながら、献立や調理に関するミーティングを行っていきます。

 

介護スタッフが食事介助の際に気づいた点なども聞いておき、今後に活かします。

 

○13時30分
休憩

 

○14時30分
今後の献立を作成したり、必要な書類を整理したりと、事務作業を行います。届いた食材などがあれば、必ず確認をし、食材に問題がないかしっかりとチェックします。栄養価などの計算も行い、利用者様にとって良い食事を考えていきます。

 

○16時30分
夕食の調理のチェックなどを行います。問題がある場合には指導も行い、利用者様にしっかりと食事が提供されるように配慮します。

 

○17時
勤務終了