栄養士の求人状況はどう?

「栄養士になったものの、求人がなかったらどうしよう!」

 

「就職が決まらなかったら、努力が水の泡に・・・」

 

そのような不安は、就職活動を行おうとしている方にとって、とてつもなく大きな壁となって圧し掛かってくるものですよね。そこで今回は、栄養士の求人状況について見ていきましょう!

 

求人は多めです!

栄養士や管理栄養士としての求人を探してみたところ、とても多くの求人がありました。栄養士の活躍の場がとても広がっていることなどが理由の一つとなっています。

 

求人が多いということは、離職率が多いということに繋がると考える方もおられますが、一概にそうとは言えません。結婚や出産などで退職する方も多くおられますし、身内に介護が必要になったという理由での退職も多くありますよね。

 

そのような事から、「求人が多い=離職率が高い」ということには繋がりませんので、あまりそのような事ばかりを気にする必要はありません。

 

どんな職場があるの?

求人が多いとは言っても、どのような職場があるのでしょうか。探してみたところ、以下のような職場での求人がありました。

 

・保育園
・老人保健施設
・特別養護老人ホーム
・病院
・クリニック
・給食会社

 

このような中でも、保育園と介護施設においては特に多く求人が見られました。

 

自分がどのような場所で、どのような方を対象として働いていきたいかということをしっかりと考えた上で、就職活動を行う事が大切になっています。

 

どんな仕事内容なの?

求人によって、どのような仕事内容になっているのかが多少異なってきます。

 

保育園であれば、おやつなどの調理、献立作成、衛生管理、事務作業などとなります。病院であれば、栄養指導、献立作成、病院食の管理などとなります。介護施設であれば、献立作成、発注、栄養管理、栄養指導などとなります。

 

これらの仕事内容は一例ですが、主にこのような仕事を行っていくことになります。

 

様々な方の病状に合わせた献立や病院食の管理を行えるというのは、栄養士としての専門的知識をフルに活用できるとも言えるので、より専門性の高さを求められる職場を望む方であれば、病院などでの勤務を目標とされるのもいいですね。