栄養士は今後どうなっていくの?

栄養士として働いていく上で、今後や将来性といったものはどうしても気になるものですよね。

 

このまま栄養士として働いていていいのかどうか、ずっと働いていくことができるのかどうか、その辺りは重要な問題でもあります。

 

ここでは、栄養士・管理栄養士の今後についてご説明しようと思います。

 

活躍の場はさらに広がる

栄養士の働く場として代表的なのは、

 

・学校
・病院
・給食会社
・介護施設
・保育園
・地域のイベント

 

このようなものが挙げられますよね。ですが、今後はさらに多くの場での活躍が期待されているのです。

 

アレルギーなどの疾患を抱える方々への対応として、最近ではレストランなどでも栄養士を雇用するところが増えてきています。

 

また、より栄養価の高い食品を提供することを目的として、食品メーカーや健康食品メーカーなどでも雇用が進んでいるのです。

 

さらに、サプリメントなどに関してのアドバイスであったり、指導を行うという点から薬局などへの雇用も進んでいると言われています。

 

食事は人が生きていく上で、欠かせないものですよね。その食事と人を繋ぐ重要なポジションとして、今後も栄養士・管理栄養士は活躍していくでしょう。

 

離職する人が増える?!

栄養士が重要な役割を担っている一方で、栄養士の離職も問題となっています。

 

なぜ離職する方がいるのでしょう。そこには、「国家資格であるにも関わらず、給料・待遇が悪い」ということが関係しています。

 

生活していく上では、給料や待遇はどうしても外せないものですよね。「栄養士になりたくて、多くの人の健康を維持したくて頑張ったのに・・・」このように感じる栄養士はとても多くおられるのです。

 

栄養士としての存在が薄れてしまう職場もあり、調理補助のような役割しか与えてもらうことができなかったという方もおられます。

 

このような事であれば、しっかりと職場の雰囲気や栄養士の役割などを事前に確認することで防ぐことが出来ますよね。ただ、給料や待遇といった面は、今後の改善に期待することしか出来ないのが現状です。