栄養士の資格について

「栄養士の資格は、どうしたら取得できるの?」「取得したらどのような仕事を行う事ができるの?」といった疑問を解決すべく、ここでは栄養士の資格についてのご説明をしていこうと思います。

 

栄養士の資格はどうやって取るの?

栄養士の資格は、独学で取得できるものではありません。国に指定されている栄養士の養成課程を修了・卒業することによって取得出来ます。

 

養成施設には、2年制・3年制・4年制があります。専門学校は2・3・4年制があり、短大には2・3年制があり、大学は4年制となっています。

 

また、これらの栄養士養成施設に加えて、管理栄養士養成施設もあります。こちらは4年制の大学もしくは専門学校となっており、卒業と同時に栄養士の資格を取得でき、さらに管理栄養士国家試験の受験資格を得ることも可能となっています。

 

将来管理栄養士としてスキルアップをはかりたいという場合には、実務経験なくして管理栄養士の受験資格を得ることが出来る管理栄養士養成施設を視野に入れておくことも大切です。

 

管理栄養士の資格は?

管理栄養士の資格は、栄養士とは違って国家資格となります。ですので、受験資格を満たした後、国家試験を受験する必要があるのです。

 

国家試験には受験資格があり、まずは栄養士の資格を取得していることが前提となります。そして、卒業した栄養士養成施設の年数に合わせて実務経験が必要となります。管理栄養士養成施設の場合には、この実務経験は不要となります。

 

どんな仕事が出来るの?

栄養士として、どのような仕事が出来るのでしょうか。栄養士と管理栄養士ともに、どちらも仕事内容に大きな違いはありません。ですが、より専門性の高さを求められる傾向があります。

 

・給食の調理
・毎日の献立の作成
・ダイエット等の相談
・スポーツ選手の栄養管理
・栄養の指導

 

これらは一部ですが、主にこのような仕事を行っていくことになります。多くの方の健康を管理し、栄養面の指導を行っていける。

 

管理栄養士は、そんな素晴らしいお仕事です。