仕事内容はどんなこと?

栄養士とは、どんな仕事を行う人を指すのでしょう。「栄養を考えるの?」「給食を作るの?」など、いまいちはっきりしない方もおられますよね。

 

今回は、栄養士になりたいという方や、栄養士の仕事に興味がある方に、栄養士の仕事内容をご説明しようと思います。

 

栄養士・管理栄養士の仕事内容

栄養士は、一言で表現するとしたら、「食と栄養のスペシャリスト」です。つまり、食事や栄養に関して高い専門知識を持ち、仕事を行っていくのが栄養士です。

 

その仕事内容は、以下のようなものが挙げられます。

 

献立作成・調理

栄養が十分に摂取できる食事の献立を作成していきます。学校や病院、介護施設など、対象となる方が様々おられますので、その方々に合った必要な栄養や食事といったものを考え、献立を立てます。

 

病院であれば、栄養士としての専門的な知識を活かし、病状に合ったメニューを考えたり、調理に携わったりもします。他の職種との連携をとりながら、様々な分野の意見を取り入れた仕事を行います。

 

栄養指導

地域や職場で栄養指導を行います。地域のイベントなどで、生活習慣病に対しての栄養相談なども受け付けることがあります。病状に合わせた栄養指導などを行う事もあり、栄養士としての知識が問われることになります。

 

管理栄養士であれば、より高度な専門知識を活かし、保健所・病院などでの指導も行います。

 

少し特殊なお仕事もあります

栄養士・管理栄養士には、以下のような特殊な仕事もあるんですよ。

 

食育・ダイエットの相談

子どもの食育であったり、ダイエットの相談といったことにも応じることがあります。特にダイエットでは、栄養に関しての知識が無いままに食事制限を行ったりしますよね。

 

そのような方に対して、摂取しなくてはならない栄養であったり、食事の方法、どのような食事が良いのか等を、アドバイスすることもあります。

 

スポーツ選手の栄養管理

スポーツ選手は専属の栄養士を雇うことが多く、そのような方に対しての栄養指導を行います。体調管理はもちろん、トレーニングの効果を発揮しやすい食事や、その摂取方法など、多岐に渡り選手をサポートしていくことになります。

 

大会の前などには、当日ベストな体調を維持できるように管理していくことも重要な役割となります。

 

ペットの栄養管理

ペットも人間同様、高齢化が進んでいる中で、生活習慣病などにかかるペットも多く居ます。そんな中、栄養士はペットの栄養管理や食事の管理といったことを行い、様々な病気の改善や、予防などを目指していきます。

 

人を対象とするだけではなく、このようなペット達にとっても、栄養士は重要な役割を担っているんですね。